最近、夏本番前にエアコンの点検してください❗️なんて話を耳にしませんか❓

当店でも暑くなると、エアコンが効かない❗️や冷えが鈍い❗️動かない❗️という電話が増えます。
でも暑くなってからだと、部品の手配に時間がかかったり、修理にかかる日数がかかったりしてしまいます💦

そこで、最近ネットなどでも言われているのが、自分でもできるエアコン点検🔨

FullSizeRender


暑くなる前に、試運転をして動くかどうか確認しましょう




今日、修理でお伺いした家の土間にあったかまど

おくどさんなんて呼ばれたりもするようです。

IMG_9700

当然ながら、なかなか年季入ってます。


IMG_9701

昭和初期くらいのものでしょうかね〜


かなりレトロです

今はもう使っていませんが、家の守り神だからと壊さずに残してあるそうです。


以下ニッポニカより

かまどの神
かまどのかみ

かまどは食物調理のを焚(た)く場所であるから、いわば家屋の心臓部に相当し、古くからこれについての信仰は根強い。関東・東北ではオカマサマとよぶことが多いが、近畿を中心に全国広く三宝荒神(さんぼうこうじん)の称があり、近畿以西ではドクウサマ、ロックウサンとよぶことが多い。三宝荒神は、修験者(しゅげんじゃ)や日蓮(にちれん)宗信徒の間では、三宝(仏・法・僧)を守護し、浄信者を助け、悪人を罰する神として、宝冠を頂き、三面六臂(さんめんろっぴ)で、忿怒(ふんぬ)または如来(にょらい)の相で表されている。この神が、清浄を愛し、不浄を強く排するところから、火の神の信仰に結び付けられ、「荒神さんを粗末にすると罰があたる」「かまどに乗ると荒神さんが怒る」などの俗信が広く及んでいる。ドクウサマは、陰陽道(おんみょうどう)で重んじられ土をつかさどるとされる土公神(どこうじん)からきたもので、かまどを汚すと土公神の祟(たた)りがあると信じられてきた。
 これらに対し、オカマサマは、いかにも主婦と関連深い神で、子供を多くもち、とかく控え目で、神無月(かんなづき)の諸神の出雲(いずも)行きにもこの神だけは同行しないといわれ、所によっては夫の不在中のつつましやかな饗宴(きょうえん)も、この神になぞらえて「オカマノルスンギョウ」とよばれる。東北の一部では、かまどの神の神体との意味で、釜神(かまがみ)さまと称し、醜怪な感じの男の面を竈の上方に安置する例がある。農家の年中行事のなかには、田植のときに五目飯を供える風があったりして、かまどの神は本来は家の守護神、農耕の神でもあったとの観がある。かまどの神を祓(はら)い清めて祀(まつ)ることを竈(かまど)祭りといい、年末に神職が家々を訪れて祀った。[萩原龍夫]

ちなみにこの三和かまど、調べてみると昭和10年に田原商店という会社が特許を取得して製造販売していたらしいです。

このブランドを引き継いだ会社が宮崎県にあったみたいですが、今はもうなくなってしまったようです。

今はガスや電気の時代ですからね〜



火のある暮らしもいいかもしれませんが、電気屋がそれを言っちゃうと・・・・。。